2008年08月13日

【世界大会】WORLD CHAMPIONSHIP2008ヘッドライン

■決勝トーナメント進出TOP8
●世界チャンプ
剣闘獣/グリフィス
●2位
剣闘獣/Robert Ackerman
●3位
ライトロード/チャミ
●4位
剣闘獣/Claudio Kirchmair
●ベスト8進出
ライトロード/グッチ
ライトロード/Wei-Hao She
次元スキドレ/Jung-Ho Ahn
墓守スキドレバーン/Chris Gehring

■予選敗退
剣闘獣/Santiago Jose Vera Menin
剣闘獣/Li Kit Chun
剣闘獣/Vasilis Boulbasakos
ライトロード/Lazaro Bellido
ライトロード/Richard Hahn
ライトロード/かっしー
光ビート/Michael Santoso
デステニーダムド/Chris Bowling
デステニーダムド/Terence Figuiredo
デステニーダムド/Miguel Garcia
弾圧帝/David Dursun
弾圧帝/Andres Toro
罠帝/Alejandro Vivaldo Reyes Suarez
罠帝/Eddy Fang Chou Yong


8月9日(各国代表22名、スイスドロー5回戦、上位8名が決勝トーナメントに進出)、10日(8名トーナメント)、ドイツにてWORLD CHAMPIONSHIP2008(世界大会)が開催されました。
日本代表の方々お疲れ様でした。
見事、グリフィスさんが日本人としては2004年度のtogawaさん以来の世界チャンプの座につきました。
世界チャンプの快挙、おめでとうございます。
posted by キロス at 00:11 | TrackBack(0) | 選考会
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104541254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。