2005年12月12日

【デッキ】CMPT(寒波型貪欲ターボ)

【メインデッキ:40枚】

【モンスター:30枚】
3《カオス・ソーサラー》
2《氷帝メビウス》
1《サイバー・ドラゴン》
3《THE トリッキー》
3《サンダー・ドラゴン》
1《魔導戦士 ブレイカー》
1《同族感染ウィルス》
1《異次元の女戦士》
1《ならず者傭兵部隊》
1《クリッター》
3《キラー・トマト》
2《ニュードリュア》
1《マシュマロン》
1《サイバーポッド》
1《メタモルポット》
《魔導雑貨商人》
2《クリボー》

【魔法:10枚】
1《強欲な壺》
3《貪欲な壺》
1《手札抹殺》
1《ブラック・ホール》
1《大嵐》
《大寒波》


【サイドデッキ:15枚】
2《ジャイアント・オーク》
3《ご隠居の猛毒薬》
1《激流葬》
1《魔のデッキ破壊ウイルス》
1《マインドクラッシュ》
2《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》
2《和睦の使者》
1《威嚇する咆哮》
2《仕込みマシンガン》


【融合デッキ:5枚】
1《サイバー・エンド・ドラゴン》
1《サイバー・ツイン・ドラゴン》
1《魔人 ダーク・バルター》
1《暗黒火炎龍》
1《サウザンド・アイズ・サクリファイス》


大会レポ:ハトヤ公認(12/11)(優勝)
《寒波型貪欲ターボ》/GHQさん

メインは《魂を削る死霊》を《マシュマロン》に変えただけ。
あいにく調整なんかしてる暇ないんで。
《サンダー・ドラゴン》打ち忘れてドローするとか、《大寒波》のタイミングとかでミスった。
サイドは完全脳内構築。


デッキ解説
各カード解説書いても全部後付けになるので、戦術的な事を。

1本目
伏せカードは一切伏せないようにして下さい。
二本目以降の相手のサイドチェンジに関わってきますので。
特に言う事なし。
《大寒波》無い時に中途半端なラッシュはしないように。

2本目
相手が中級者以上でこちらのサイドを知らなければ、まずメインに《氷帝メビウス》《王宮のお触れ》等入っていれば全部サイドアウト。
逆にサイドからそういったカードを入れる事も無いだろう。
それを見越して、2本目は《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》を安全に使えると。
エキストラデュエルになれば《王宮のお触れ》飛んでくるかもしれないが、初手で相手が引かなければ無関係なので問題なし。
・残り20分以上
1回戦(バーン)以外は20分普通にかかった。
序盤は守って、中盤はターボして、終盤はラッシュするデッキだから当然。
あ、二戦ともミラーマッチか。
ガジェに当たってたらやばかった。
サイドはエキストラ特化なので、一本目速攻で終わらせられるとキツイ。
・残り10〜20分
フィフみたいな構成。
決勝の2本目みたいなサイドチェンジ。
・残り10分以内、エキストラデュエル
ソーサラー貪欲サンドラ全部サイド行き。
・《THE トリッキー》《大寒波》でのラッシュ
《和睦の使者》つまれてたら決まらないかな。
・《ご隠居の猛毒薬》《仕込みマシンガン》でLP調整
《非常食》は伏せカード少なかったので採用してません。
・《クリボー》《和睦の使者》《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》で防御
100でも喰らったら負けなので、《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》を過信しないように。

てか防御足りません。
決勝の2本目で防御カード大量に引いたけど、一枚でも足りなければ負けてました。
おそらくこのレシピをコピーして使っても、普通に勝てないと思う。
サイドはスイッチバーンでいいです。
《ご隠居の猛毒薬》は「卑怯」で、スイッチバーンは「戦術」らしいですから。
第21回大会 優勝デッキ("Yu-GI-Oh" DUEL CGI -Mizu CUP-TOURNAMENT)
これに《和睦の使者》等を入れればいいかな。

とりあえず普通のデッキでもエキストラ用にサイドを作っておく事が有効である事は証明した。
しかし、前の記事で書きましたが、大会でMPTで1本目で30分かけるのは困難。
最後以外も遅延していれば可能かもしれませんが。
実際に大会で1ターン3分使う事は難しい。
じゃあ30分「かける」じゃなくて、30分「かかる」デッキを組めばいい。
LifePointControl。
略してLPC。
ネーミングセンスのかけらもないな。
《魔導戦士 ブレイカー》《大嵐》《サイクロン》
《氷帝メビウス》《王宮のお触れ》
《賢者ケイローン》《ミスティック・ソードマン LV2》《ハリケーン》《砂塵の大竜巻》
この辺をどうにかすれば30分なんて余裕。
しかも1本目は負けてもいい。
まだ構想しか立ててないけど、優勝できれば公開します。
まぁ今まで0からデッキ作った事が無い人間ですから、いつになる事やら。

ルール・制限を変えるには
・KCCで優勝
コナミは選考会で集めたレシピやKCCの上位陣に書かせているレシピを参考に制限を変更しているはず。
ガジェフラが日本代表になったのに《リミッター解除》しか規制かからなかったのは意味不明。
Vコン、スロー三原式は優勝したから、《ヴィクトリー・ドラゴン》《サイバーポッド》は3月禁止の可能性がある。
しかし。
今まででもそういうデッキが優勝した事はあるはず。
これだけでは足らない。
仮になっても《現世と冥界の逆転》が残る。
・レシピ公開
隠していては何も始まらない。
優勝して公開ってのが一番いい。
・署名運動
有効。
・意見要望
メールで送るやつ。
効果は薄い。
やらないよりはやった方がいい。
・その他
一人ぐらいトーナメントプレイヤーで制限改訂に関わっている方に助言している人はいるであろう。

ルール・制限を変えないためには
・ひたすら隠す
サイエンカタパ、TOD(今年選考会であった)、Vコンの事例で分かるでしょ。
公開したMCV、トランスは規制かかった。
隠すことが正義みたいな風潮は非常によろしくない。
水面下で動き、健全な環境になればいいが、その結果今がある。
日本人とは悲しいもので、問題が表面化しないと議論されず、ひたすら隠す。
そして自分からは誰も公開したがらない。
一部の人は頑張っている。

膿は出し切らないといけません。
でないと来年の今頃もまた、卑怯だの制限変えろだの。
そんなの3月で終わりにしたい。

例えば信号が無い交差点があったとする。
交通量も多くこのままでは危ない。
しかし市役所は取り合ってくれない。
「事故も起こってないため取り付ける予定は無い」
じゃぁわざと事故を起こさせるしかない。
回帰論なみに危険な考え方w

公開すれば確かに全国に広まる。
MCVね。
あ、この記事のレシピは糞だから、使ったら嫌われるし負けるしいいことない。
じゃぁ隠したら?
いつまでたってもコナミは取り合ってくれませんよ。
一週間後の事ではなく、3ヶ月、半年先を考える。

V使わない理由
×プレイングが難しい
○周りに嫌われる

TODやエキストラ制の悪用を卑怯という
×そんな事までして勝ちたくない
○周りに嫌われたくない
○ネットユーザー(大会の現状を知らない)
○負け惜しみ
○心の底では自分も使ってみたい
○周りに同調しているだけで、具体的に何をやっているのか知らない

公開しない理由
×使用者が増えて健全な環境じゃなくなる
○自分が使ってるから、晒したら勝てなくなる

P.S
除外したカードを戻さずに次のデュエルに入ってしまい途中で気づいた方がおられました。
デッキの枚数が変わっていた場合、いかなる場合にもかかわらずデュエルロスが適用されます(公認大会規定)。
俺も前やった。
ディールシャッフル(なつきさん)をデュエル毎にする事をお勧めします。
枚数数えればデュエルロスは回避できる。
《グリーン・ガジェット》もバラける。
posted by キロス at 19:50 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | デッキレシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。