2004年11月20日

誰にも俺は止められない

オンライン大会
3勝0敗。後1戦。
次勝てば決勝T。
こういう機会は滅多にないしね。できるだけたくさんデュエルしたい。
明日のはとや大会はオンライン大会で使用しているデッキで行きます。

1キル対策するならメインから
サイド変換もできないままマッチ終わっちゃうぜ。
番兵・押収・激流・破壊輪はもちろんの事、最低後1枚は1キル止まるカード入れて苦渋を入れる。
メインから入れやすいのでいえばワンフー、月の書、弾圧、落とし穴、ジャマー、ドレイン等。
1キルいるかもしれない大会に出るなら最低このぐらい必要。
メインお触れなら月の書で止まるし。
サイドにはジョウゲン・禁止令・弾圧・お触れ。
ワンフーはあまりお勧めしない。ヘタレの1キルだったら構わないけど。
名推理
まぁ基本的なことから。
簡単に言うとサイエンとカタパが場に出たら負けが決定します。
混沌の黒魔術師×1(☆8)
カタパルト・タートル×2〜3(☆5)
魔導サイエンティスト×1(☆1)
カタパ1キルには上記のカードが百%入ってます。

名推理
大会で1本目相手のデッキが1キルではないという保証がない限り、必ず5(カタパ)を宣言
これを知っているか知っていないかで明暗が分かれます。
ただし、カタパ・サイエンが場に絶対揃わないという場合、又はワンフーや連鎖除外があるなら8(混沌黒)を宣言。
カタパが場にいるなら絶対1

破壊輪・激流葬
これを引いて自分のターンが来たなら大嵐等で場から離れない限り、9割以上で勝ちが決定。だがあせらないように。
サイエン・カタパに使用する。間違っても他のカードには使用しない。

番兵・押収
これには考察で詳しく書くが、ろくに手札も見ずに壺を選ぶような事はないように。


まぁ名推理打たれた5言えって事。
posted by キロス at 18:14 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。