2005年11月13日

スタンは死語

遊戯王の疑問(けーあいさん)
いいねこういうの。
コメントとトラバが優良。
スタンの消滅と言うか、スタンという言葉を聞かなくなった。
制限カードだけ入れておけば勝てる環境なんて終わり。
たった1枚しか入れれないカードのために構築がせばまり、そんなデッキが勝ち上がるなんてごめん。
時代は非制限が作り、デッキ構築が物を言うようになる。

デッキ名
このさいはっきり言うよ。
横文字つけていいのはHataさんを始めとするアルファブロガーやトッププレイヤーだけ。
1キル系は何でもいいが。
何か勘違いしてないか?
せっかく浸透させようとしているのに水差さない。
MPTはカタカナでは表現仕切れなかったから仕方が無かっただけ。
それが格好いいだの単語詰め込めれるだの。
俺が内容を把握してるのはCMPT、MPT、RRC、RC、MCV、TOD。
本来はMOMA、SCとタブーとされた物につけられた。
これ以上増やすな英語。
ネットやってない人間はどうするのですか。
公式HPでしか改訂知らせないのとやってる事一緒。

以上はトーナメントレベルのデッキに関して。
posted by キロス at 03:43 | 兵庫 ☀ | Comment(10) | TrackBack(1) | 遊戯
この記事へのコメント
MoMaは(多分)マジック史上最悪らしい1ターンキルにあやかってつけたもので、SCは俺がただ「闇を制する者」と「ScientistとCatapult」をかけて作っただけなんだけどね。
Posted by とーらん at 2005年11月13日 17:02
SCはとーらんさんが命名ですか。
やはり隠語だったから流行ったのだと思う。
大っぴらにサイエンカタパと言えない雰囲気だった。

最近は違うよね。
隠語なのか、流行らせたいのか、一部の身内にだけ知らせたいのか分からない。
後で考えたら誰がつけても不思議じゃない、なおかつ内容が分かるデッキ名が理想と考えてる。
Posted by キロス at 2005年11月13日 17:18
俺が知ってるのは「CMPT、MPT、MCV、TOD、SC」くらいです。
というか、CMPTとMPTは基本コンセプト自体が一緒(でもないかな??)だから統一してもいいと思うんですよね。
MoMaというデッキが遊戯王にもあったとは・・。でもMTGのMoMaは遊戯王の三原式などの1killと比べると随分ましですね。
Posted by ほたる at 2005年11月13日 17:45
CMPTはMPT関連と分かるからまだいいかな。
MPTを知ってる事が前提。
RCMPTとかこれ以上増えたら困る。
MOMAはモックス系で初手からマナブーストしてする奴ですよね。
マナ概念があるから、自分でやったのだと初手ゾーズーが限界。
遊戯だと昔の現世ワンキル。
パーツが今と比べたら少ないとは言え、全部3枚いれれたから酷かったです。
Posted by キロス at 2005年11月13日 18:01
紹介されているもの以外にも、RCF(Reasoning Cyber Fusion、サイドラワンキルのこと)等がありますね。

自分のデッキにも、MCV等にあやかり、一部のデッキに英文字で名前をつけたことがあります。

ただ、(自身としては)相応に蔓延することを恐れた末での命名という事もあったので適当な選択だったとも思っています。

MOMaの由来は、デッキのキーカードである《精神力/Mind Over Matter》の頭文字だったかな、と思います。
Posted by わっさん。 at 2005年11月13日 22:59
自分も同じく初手1キル関連については英語でいいと思います。
公開は必要ですが、公開しすぎる事も問題ですからね。
Posted by キロス at 2005年11月13日 23:15
>アルファベットのデッキ名
誰であっても使うべきではないと考えています。
あれは記号であって、デッキを示すものとはとうてい思えません。

>MoMa
http://mtgwiki.com/MoMa
この時代マジックをやっていませんでしたが、この記事を見る限りでは相当やばかったようです。
遊戯王の1キルがメタ筆頭になることはありませんが、MoMaは周りを見ればMoMaだらけという状況を作り出したようです。
どちらがゲームをダメにしたのかは、いうまでもありません。

>遊戯王のMoMa
漁火さんが作られたのが最初のように記憶しています。
レシピ:http://tami.jugem.cc/?eid=25
当時は《浅すぎた墓穴》が無条件でプレイできたので、先攻1キル率が9割ほどでした。
これはもはや対戦型ゲームではありません。
Posted by テレポ at 2005年11月14日 09:19
>アルファベットのデッキ名
断言して頂いて自信が持てました。
他のブログでは批判とか一切無かったですし、これがトーナメントプレイヤーとの温度差なのかと。
知識が無いと内容が全く分からないのはおかしいですよね。

>MOMA
話ずれますが当時自分も使っていました。
が、9割には遠く及ばず大会でてもスイスで半々ぐらい。
周りに使っている人はほとんど見掛けなかったし、ギャザと比べると情報が一部の人しか知らなかった。
ギャザのその後はゲームバランスを考え、少なくとも初手から出せるカードは減ったとかと。
それに引き替え遊戯はSC、SCV、三原式、MCV。
禁止は増え続けているのにいつの時代も騒がれる。
この辺がコナミの初手1キルに対する意識が甘いと言わざるを得ません。
Posted by キロス at 2005年11月14日 10:44
>9割には遠く及ばず大会でてもスイスで半々ぐらい

9割ってのは謙遜。先手ならほぼ100%1キル成功してたはず。
後手なら勅命があったので理論上止まりますが、そのデッキは僕が知る限り勝率10割です。

Posted by miya5 at 2005年11月14日 16:04
お久しぶりです。

言葉が足りませんでした。
噂で強いと聞いていたので自力で作ったのはいいが、情報・構築力が皆無だったため成功率が6割ぐらいだったという事です。

昔関チャンがあった鶴橋の店で使ったのかな。
現世発動したら勝てるのに間違えて手札抹殺打って、必死に相手に巻き戻してくれとせがんでました。
今となっては懐かしい思い出です。
Posted by キロス at 2005年11月14日 16:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【遊戯:デッキ】デッキ名
Excerpt: ス短は死語(キロスさん) 今現在のデッキ名は、英語は確かに多い。 「SAO」もわかりにくいよな。普通に「サオ(さお)」でいいけど。 意味のわからない英語名デッキ CMPT/ MP..
Weblog: 和の雑文
Tracked: 2005-11-13 09:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。